img_02

井戸ポンプ交換の時期

井戸水を効率よく活用するため、個人の家庭でも水を汲むためにポンプを設置しているところが多くなっていて、飲み水や畑・ガーデニングなどに利用するケースも増えていますが、大抵15年ほど利用すると老朽化がみられるようになってきます。

また井戸の水質や周りの環境によっては、もっと早くに故障することもあります。

井戸水が汲み上がらなくなってからポンプ交換ではしばらくの間井戸水が使えなくなってしまいますから、完全に動かなくなる前に業者に連絡して装置の取り寄せなどをしてもらっておき、すぐに工事ができる状態にしてからポンプ交換をしてもらうべきです。



大雨が降った時や台風の後なども注意が必要で、ポンプ内に雨水やゴミなどが入り込みモーターが焼け付いてしまう場合があります。


部品の交換だけで済めば良いですが、配管や保温材・カバーなどにまで影響が出ているとポンプ交換をして一式入れ替えたほうが料金的にも良い場合が多いです。

トイレ交換サービスの評価に関する耳より情報を公開しています。

長年使ってきている場合にはポンプ交換だけでなく配管の交換も済ませたほうが良い場合があります。


埋設配管などは掘り起こす必要なども出てきますから、工程の計画や見積書などを業者に作成してもらい、段取り良く工事を行ってもらうべきです。

教えてgooの情報がいっぱい詰まったサイトです。

新しいポンプになったらきちんと機能するか、業者がいる間に動かして確認することが重要です。また、その時は順調に水が出ていたとしても数時間したら調子が悪くなる場合もありますから、しばらく様子を見て不調が無いか確認すると良いです。